忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[609]  [601]  [598]  [590]  [596]  [603]  [602]  [600]  [594]  [589]  [597
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第6話「灰色の狼は同胞を呼びよせる」
 
アブリルに連れ回され、
彼女の積極性を羨み、
しかし「ヴィクトリカのことは僕しか…」って、
一弥、お前、そこきちんと自覚しろや(笑)
 
ヴィクトリカはただでさえあんな性格なのに、
一弥がまったくの無意識で
自分と本とを天秤にかけさせる発言したり
「僕のこと嫌ってる?」って聞いたりってのは
あんまりだよな(笑)
 
一弥はさっさと黒髪の王子様になるべき!
 
 
 
のみの市での前振り(ミルデン皿盗難、ミルドレッドとの出逢い)から
ヴィクトリカの出自に関係する村への来訪、と
話が展開していったけど…2クール予定らしいのに
第6話にしてこんなところに行って大丈夫なのかな?
 
原作でも早い段階でヴィクトリカのあれこれが判明してるのかしら。
 
一弥とヴィクトリカが深いところでわかりあってしまったら
(と言うか、一弥がヴィクトリカを知ってなお受け入れられるのなら)
GOSICKという物語は終わりじゃないのかな。
 
「智恵の泉」は出自から更に深いところにあるのかな。
だとしたら後天的なもの?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]