忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[680]  [675]  [666]  [667]  [671]  [668]  [677]  [669]  [676]  [670]  [679
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第13話「愚者は己の代弁者を指名する」
 
ラストで赤毛の男(ブライアン・ロスコー)が学園のある村に来た。
シリーズ折り返し地点で、ようやくより深く行く感じか。
後半、リヴァイアサンとロスコーが軸に大きな物語が展開されることに期待。
…何故なら、ヴィクトリカ可愛いだけじゃちょっとツラいから(笑) 
 
アブリル乙女だなー。
ホラー映画は本気で怖かったみたいだけど(笑)
 
それにしても一弥の、アブリルへのソデにしっぷりは酷い(笑)
切り上げようとする態度があからさま過ぎだろ(爆
これは目がないにしてもアヴリルが気の毒。
 
ヴィクトリカはヴィクトリカで妬きっぷりに磨きがかかってきたな(笑)
いい加減自覚しましょうね…って、してるのかなぁ。
あと、諸々、もう少し一弥に説明してあげてもいいと思う(苦笑
 
セット前のグレヴィール、テライケメン(笑)
 
 
ところで、リヴァイアサンと聞くと
むろみさんのリヴァイアさんに自動変換される脳になってしまっているので、
おどろおどろしい感じやらが皆無なのが制作側にちょっと申し訳ない(笑)
 
 
あ、ED変わったねー。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]