忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[389]  [401]  [411]  [390]  [377]  [396]  [378]  [400]  [380]  [374]  [376
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第17話「真相」

ロメロ。
加速するマッケェネンの動機。

キャルの「まだ使える」という言葉に反応したツヴァイ。
その瞬間、反応した理由がわからなかったんだけど、
なるほど、ツヴァイの中で「まだ戻れる」と関連付いたのね。

「まだ」。
確かに希望を繋がせるな。
この言葉は。


「足引っ張ってばかり」(本人談w)のリズィに呼び出され
ガメられたツヴァイ。

梧桐のシナリオ解説は、
マッケェネンとサイス=マスターがそれぞれあらかじめ書いていたもの、
あるいはそれぞれが即興で辻褄を合わせたものが
入り乱れてるけど、
これは、ツヴァイにとってはインフェルノから離れるための好機だよな。
ここで梧桐と組めば---。

と、思ったら、梧桐がアインに襲撃された(笑)
…でも、これ、サイス=マスターの指示なのか?
インフェルノがツヴァイを追うことになるとはいえ、
梧桐組を使ってインフェルノ内に疑心暗鬼を生み出すのが
サイス=マスターの取っている手段なワケで、
マッケェネンの懐刀であるツヴァイが
梧桐に付くか否かを見極めてからでも動けたハズ。
このタイミングでのアインによる梧桐組襲撃ってのは
アインの意思なんじゃないかとも思える…。
(その後のサイス=マスターと志賀のやり取りを見る分には
アインの独断ということではないようだけれど…)

結局、サイス=マスターは
諸々のドタバタの責任をマッケネン(+ツヴァイ)と梧桐に負わせて
その上で自分はインフェルノに再度取り入る、
あるいは距離を置いて均衡を保ちつつ、
志賀を筆頭とした新しい梧桐組をインフェルノに組み込んで
自分の駒として使おう…という腹づもりなのだろうか。
でも、これ、インフェルノがツヴァイを始末出来ることが前提だよな。
自身の生み出したファントムの価値を、
その低さでは見てないと思うんだよなー。
うーむ…。

志賀。
彼の立ち回り方も面白いよなー。
心底惚れてたアニキを撃たねばならない状況。
その状況をお膳立てしたジュゼッペ(サイス=マスター)への心情。


アインの梧桐組襲撃に乗じてとりあえず逃走したツヴァイの選択肢としては
インフェルノに対して逃げるにしろ立ち向かうにしろ、
キャルを手元に置いてその安全を確保しながら
…ということになると思うのだが
わー、流石、もう手が回ってるじゃーん……。


アインと対面してた時のツヴァイの中の人の演技(声色)が
非常に良かったと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]