忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

山本高弘ものまね続行宣言キター!!
http://npn.co.jp/article/detail/56750559/

山本高弘にフジテレビのお墨付きが「キターーーッ!」
http://www.zakzak.co.jp/gei/200812/g2008120301_all.html


織田裕二側が「モノマネでイメージ壊される」と感じる、気分を害するのは
すごくよくわかるんだけど、
民放各局に対してこそっと通達するやり方を選んだのは
誰がどう見ても失敗だったと思う。

まず第一に。
ゴシップ誌の記者に私生活を追われてる、というようなワケではないんだから、
「自分がネタにされるような位置にいることの証」として
モノマネを黙認、
あるいは何かしらの番組で競演してさわやかに
「これからもどんどんネタにしてください」くらいのことを言ってのけるのが
いちばんカッコイイと思う。

しかしまぁ、我慢ならなくて止めさせる方向に動いたんだろう。
それはしょうがない。

ただ、それならそれでもっと自分がいいように見えるやり方があっただろうに。

○自身の番組があればそこでさり気なく「ちょっと止めてもらいたいよね」と言う。
○何かしらの番組で競演して、
1)カメラの前で「困ってる」体を装いながら止めるように軽く言う
2)カメラの回ってないところで本人に直接言う
○山本高弘の所属事務所に直接通達する

これらのやり方なら、
本人が嫌がってることが視聴者にも伝わるか
山本高弘に直接意思表示できるかするので
「解決に正面切って臨む」というすがすがしさが残ったと思うのよね。

でも、今回のような外堀から埋めていくやり方だと
芸能界での力関係で潰しに掛かかってるようなイメージしか持てない。

一応、「さわやか」で「熱血」なのが売りなのであれば、
そのイメージの範囲内で解決に当たる方が
間違いなかったんじゃないかなー、と。



何が言いたいか、って言うと
「ぷwww
織田裕二カッコ悪www
山本高弘どんどんやれwww」
ってことです。


PR
08/01/15以来の第2回開催。

FINAL PLAYER/Iceman
GAMAN everybody/ARAKAWA RAP BROTHERS
路地裏の宇宙少年/ザ・コブラツイスターズ
星屑のステージ/THE CHECKERS
タイトでキュートなヒップがシュールなジョークとムードでテレフォンナンバー/宮本浩次
永遠のときを超えて/雪広あやか(皆川純子)
ROUGH DIAMOND/LINDBERG
GAME OVER-魅惑のモンキーマジック-/SPIRAL LIFE
十代に罪はない/東京パフォーマンスドール
太陽の花/奥井雅美
くるくる少女/筋肉少女帯
拝啓、ジョン・レノン/真心ブラザーズ
恋するマリールー/Scanch
サルの歌/橘いずみ
MELODY/福山雅治
TIME/B'z
アイツに会ったら/加藤いづみ
RADIO/JUDY AND MARY
BOMBER GIRL/
近藤房之助&織田哲郎
勝手にしやがれ/沢田研二
さよならbye bye/馬渡松子
GO MY WAY!!/(THE IDOLM@STER)
日本ブレイク工業社歌/萬Z(量産型)
Feel Like dance/globe
太陽のグラヴィティー/Fayray
時の河/FENCE OF DEFENSE
ぼくらが旅に出る理由/小沢健二
Joker-G CODE MIX-/T.M.Revolution
Last Dance/AIR
舞台-Playing/九条昴(園崎未恵)
ON AND ON/BAKU
Pink Generation/麻帆良学園3-A生徒31人
MELODY/(Sister Princess)
風吹く丘/谷口宗一
LOOK-A-HEAD/access
 
 
篠原美也子がDAMに入ってなくて涙目。
自分がミドルティーンの頃のANNパーソナリティーたちは
大体その頃のシングル曲しかないのが残念
(まぁしゃーないけどね)
それにしても最近の曲を一般、アニソンとも知らない。
軽くグロいから注意。
空白作りますんで、駄目な人は回れ右!








































10代~20代前半にかけて何度も何度も見たやつ。


布団の中で金縛りみたいな状態の自分が居る。
もがこうとしてるけど動けない。

ふと、何か気持ち悪いな、と思ったら
歯が全部抜けて口の中で擦れてじゃらじゃらいってるのに気付く。

うあー、気持ち悪ぅ~、って呻くんだけど、
何故か口が開かないので呻けば呻くだけ歯がじゃりじゃり。
その音がアタマの中にこびりついて凄く気持ち悪い。

なんとか落ち着こう、と思って呻くのをやめて、
涙目になってる目を開いて視線を彷徨わせてみると、
四方八方に水木しげる先生の描くぬらりひょうんみたいなのが
「でへへ~っ」って感じにひしめいていて、
それ見て「うわーっ」
うわーってなって歯がじゃりじゃりーっ。
じゃりってなってうわーっ。




……っていう夢。

おかしなことに、これ、不定期連載で何度も同じのを見たんだよねー。
いちいち数えてないけど、軽く20回くらいは見てると思う。
長くなるんでこっち(覚書館)に飛ばしてみた。


2ヶ月近くプレイできてなかったアイマスのブーストが
現行プロデュース中の3ユニットとも本日に重なったので、
それを軸にしつつこれまた久々にフラつく旅。

09:50頃到着。
げま、とら、メイトで開店待ちしてた人が
各店20~30人居たんだけど、アレは何目当てだったんだろ?

何故か10:00ジャストに開店しなかったメイトで
みゆみゆのキャラソンベスト購入。
先日も探したんだけどやはりサンクリのカタログは売り切れたみたいなので
メイトでの購入は諦め。

隣りのとらにてサンクリカタログ発見。
しかし、とらはクレジット会計ではポイントつかないので
とりあえず見送り
(器小せーな、俺)

HEYでアイマス(11:00過ぎ)やってからメロンちゃんへ。
店内を見て回るも、サンクリのカタログは無し…。

再びとらへ戻って購入。

…必死になってるけど、今回のサンクリは参加できないのよねぇ(涙
ただ、10周年記念の企画満載号(?)みたいなんで、
これは押さえとかねば、っちゅーコトで。

移動中に通ったSofmapのアミューズメント館で
大槍葦人センセのサイン会やってた。

続いてBOOK-OFFへ。
BOOK-OFFは立ち読みが邪魔すぎて漫画を探す気にはなれん。
スポーツノンフィクションの単行本をサラッと見た後、
CDをがっつり見る。

Flores〜死者への花束(初回版)/桑島法子
アイコトバ/皆川純子
黄昏エスプレッソ/堂島孝平

上記3タイトルを各500円で購入。


Book1st.へ移動。
サッカーマガジン、家電批評monoqlo購入。
ファミ通を立ち読み。
表紙とグラビアで矢口真理。
めがっさ可愛い。

Sofmap本店横のマックでお昼。
月見バーガー他を注文して、受け取る際にベーコン月見バーガーの存在に気付く。
そっちが良かった。

お昼食べ終わったところで13:30くらい。
ぶっちゃけ、集中力が切れちゃってお店回るテンションじゃなかったんだけど、
残るブーストが15時からと16時からなので(笑
なんとか気持ちを奮い立たせて石丸電気やらRecofanやらリバティーやら。

石丸はDVDとCDの在庫処分(70%オフ)やってたけど
特にめぼしいものは無し。

Recofanはやっぱりローテンションで臨んじゃ駄目だ。
3分で出てきた。

既にココロ折れてたので(笑)中古同人誌探しはしなかったけど、
ココロ折れてなくても中古同人誌探しってしなくなったなー。
あの作業、疲れるんだよね(笑)

んで、どうにかこうにか時間潰して、15:45頃HEYに舞い戻る。
2ユニットをプレイして秋葉原から離脱。

降りそうで、実際ポツポツとはしながらも
最後まで雨が降りださないでいてくれたのは助かったなー。



特にオチもなく終了。
▼スレイヤーズREVOLUTION(総括)
良くも悪くもスレイヤーズらしかった。
作画キレイで良かった。
最終話は2話使った方が良かったんでない?
ハイザー中途半端だったな。
デュクリスの背景よりジョコンダ絡みの話が長いってどうよ?
2クールだと思ってたんで肩透かし…ってのを差し引いても
最後の盛り上がりの作り方が弱いと思う。
(それはジョコンダの話と6話くらいまでが冗長だったことと無関係ではない)
AT-X版を観ろ、ってことなのかしら?
1クール+1クールでやる、しかも話は続きもの(外伝でもなければ別章でもない)なのに
同じ放送局で続きが見られないのはキツイなぁ。
これが1年とか2年置いての次クールだったらともかく。


▼1クール+1クールのお話
AT-X版のスレイヤーズがREVOLUTIONからの流れの話だと仮定して。
1クール+1クールのものを観るのはこれが初めてになります。
んで、その放送形態を今まで外から見聞してた限りでは
「スタッフが潰れないで済むし、作画も安定するだろうし、まぁいいんでない?」と
呑気に考えてたんですけど、実際にお預け食らわされるとツライっスね(笑
1クール+1クールの他作品がどんな「引き」で最初の1クールを終えてるのか
まったく知らないんだけど、
これは相当上手くやらないと、視聴者としては消化不良の感がただただ残るばかりだな、と思った。
それだけ。
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]