忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[305]  [357]  [299]  [336]  [332]  [294]  [293]  [331]  [358]  [347]  [335
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その三十一「夕日を駆けた男意気」

団子だの蒲焼だの、お前らあさたろうを
そういう目で見てたのなw

おてつさんきたっ!
にきちで落とす辺りは流石w
あさたろうのテンションも若干戻った模様。

いやいやいやいやwww
まんじゅうの味ぐらいで暴れるヤツは
どう考えても器デカくないだろwww

灰かぶりのとうぞうもきた。
…とうぞうは器が小さいねぇ。

ぼうず&とっつぁんw
(あさたろう&にきち)

あさたろう、無理に背伸びしようとしなくても
きちんと「男」だよね。

各方面への気配りが出来るおてつさん、カッコイイ。

的を外れる→側にある木に当たる→木が倒れる→敵を倒す
…うーん、カンペキな流れw
油(潤滑油)代わりにねぎ汁を使って
急な下り坂をジェットコスターばりに下る部分も含めて
ちょっとコメディ色強かったなw

日没をギリギリまで待つとは、
まんきち親分もわかってるじゃん。
あさたろうの啖呵から感じ取るものがあったんだろうね。
呼び方も「ぼうず」から「あさたろう」に昇格。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]