忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[416]  [399]  [421]  [402]  [398]  [397]  [410]  [417]  [393]  [388]  [389
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第六話「球は広野を飛び回る」

アンナ先生、長崎行きてwww
…「野球の練習」するにあたって、
アンナ先生居ないと駄目だろー、と思ってたんだけど
想像してたよりも練習メニューはきちんと身についてたのね。

手当たり次第に試合申し込んだところで、
そりゃ全滅ですよねーw

がきんちょktkr(笑)
小梅おねーさんの逆ナンw

やー、どんな相手でも実戦経験を積むべき。
そして、小学生発言は晶子さんの失言だよね。
太郎ちゃんが「お嬢様のお遊び」とやり返すのも当然だし、
そもそも、それじゃあ自分に対する岩崎の態度と同じでしょうよ、晶子さん。
小梅の「手紙で断るのと同じ」は、まったく!

硬球の使用で挑発するあたり、乃枝は流石、アタマ回るよねw

ここまでの描写もいいんだけど、ここからの描写が秀逸だよねー。 
非常に丁寧で良い。

・野次に弱い晶子さん
・バッテリー間の意思疎通なし
・お見合い
・HR狙いで大振りの巴



河嶋流勝利の方程式、発動



・足を活かすために胡蝶は左打席に
・コントロールつけるために紐やらを使って
ストライクゾーンを九分割した練習器具を作成
・巴は大振り禁止
・バッテリーは夫婦となるべし

巴は、小学生たちとの試合で打席に入った時の仕草で
「もしや:と思ってたけど、
まさかの「ホットならいつでも打てる」発言&センター返しで
俺の腹筋崩壊w

それから、これは器具がちょっと映っただけで
深くは触れられなかったんだけど、
あの九分割された器具を自分たちで作ったというのは
凄くいいと思うんだ。
創意工夫、ここに極まれり、という感じで。

夫婦問題について野球を伏せたまま母に聞く小梅www
それ、ものっそい勘違いされるだろうよwww
母の返答は、まぁ、時代ですよね。

一週間後の、小学生たちとの再戦で
ぐっとカタチになってきてるのがいいですなー。

この一週間の伸び率でも伸び過ぎだろ、という話もあるだろうけど、
ここで大敗が惜敗になった、という
チームとしての歩の進み方が素晴らしい。

夫婦化のために明子さんが嫁いできたwww

三郎と小梅さんに感心する晶子さん。
こういうところから学ぶ、というのがまたいい。

(晶子さんが嫁いでた時に巴が焦れてたのがよくわからん)

小学生たちとの3試合目。

試合中に進化を見せる(サイン)描写とか、
もう、ホント、素晴らしい。
ゲッツーも見てて思わず「おおっ」ってなったわ~。
帰ってきたアンナ先生が感心するのも納得の内容ですよね。
…巴は自重しろwww

三郎との結婚話www
うわー、何この初々しさwww
この小梅、最強だろwww

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]