忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[392]  [366]  [369]  [355]  [371]  [391]  [387]  [361]  [360]  [359]  [386
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第24話「胎動する都市」

最終話。

一応、
「レイフォンが色んなもの背負って汚染獣を倒し
学園都市ツェルニに平和をもたらしました」
という体で
クライマックスらしい感じは出したけど、
諸々弱いし、見えないものが多過ぎる。

以下、不満点と謎を淡々と(笑)


前回ニーナに吐露した心情だけじゃ
レイフォンが自身で定めた「在り方」を示すには
弱過ぎて話にならない。
リーリンやらゴルネオやらアルシェイラやらに背景を語らせて
それによりわからせる、という手法なのかも知れないけど、
名前を挙げたキャラクターの語りからは
レイフォンが今のレイフォンに至るまでの重さが全然伝わらなかったし、
今に至る前はどうだったのかもわからないから
その「差」から重さを推し量ることも出来なかった。
また、レイフォンは飄々としていた上に
本当に満遍なく(そして悪意もなく)各女性キャラと接していたので
何が(誰が)大切なのかというのも全然わからなかった。
全員?
贖罪のために訪れた学園都市で、
誰に対しても一定の距離を置いて接していたのに
全員が「自分が護るべき」対象にはならないだろ。
ニーナとカリアンに至っては
自分の定めた贖罪の手段を邪魔されているんだぞ。

レイフォンの振る舞いの中で引っ掛かるのは
第17小隊の他の面々との絆もそう。
結局、レイフォンって誰に対してもココロ開いてないじゃんね。
開くきっかけになるような描写も無かったし。
(…唯一、シャーニッドの気の遣い方はレイフォンにはありがたいだろうな、
と思わせる場面が散見されたけど)

ニーナ。
DQN。
以上。

アルシェイラはレイフォンとリーリン(の中のサヤ)に
何を見出していたのか。
俺は、汚染獣はこの世界の環境悪化に伴い生まれてきたもの
あるいはこの世界の悪意ある者に生み出されたもの、と
捉えていたんだけど、
どうにも、アルシェイラのモノローグを拾っていくと
「違う世界からこの世界を破壊するために送り込まれたもの」
のような気がする。
ここでいう「違う世界」は勿論、全編英語台詞で展開されてた世界で、
ディクセリオはそちらにも少し通じているのではないか。
(アルシェイラの命を受けて秘密裏に常勝蒐集してる、とかさ)
そう考えると辻褄が合うと思うのよね。
で、その前提を持って話をアルシェイラに戻して考えてみると、
アルシェイラはレイフォインとサヤこそが
「違う世界」に対抗しうる唯一の手段だと思っているのではないだろうか。
そうなると、アルシェイラから逃げた(笑)婚約者で
リーリンの父にあたる人物がキーになるよな。

狼仮面の連中はそんなアルシェイラに対して
廃貴族のチカラを利用して「違う世界」に対抗しようとしている団体
…とすればどうだろう?
一度、廃貴族が現れた時に出てきたのも説明つくし、
サヴァリスを密偵として天剣授受者に仕立て上げていたら
(あるいは天剣授受者の中から彼を選んで取り込んでいたとすれば)
サヴァリスがアルシェイラの命を途中で破棄して
自分の中に廃貴族を取り込んだ説明もつくと思う。

あー、これ、最終回見つつとったメモを見ながら
タイプと整理を同時に行ってるんだけど、
サヴァリスが狼仮面側だとしたら、
廃貴族を取り込んだサヴァリスをレイフォンがサクッと片付けちゃったのも
説明つくなー。



まぁいいや。
もうやめよう、疲れるし(笑)

総括。

面白くなる要素はたくさんあったと思うけど
それ以上に不満の方が多かった。
謎とか未消化とか説明不足とか描写の欠落とかが多過ぎる。
第2期前提なんだろうけど、
第2期まで興味を引っ張るような軸となるものはなかったし、
そんなの無くても引き込まれるような圧倒的な雰囲気もなかった。



浅倉大介はすげーいい仕事してたわ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]