忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[355]  [371]  [391]  [387]  [361]  [360]  [359]  [386]  [384]  [354]  [353
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第12話「時の流れに身をまかせ」

冒頭のCパート。
マスター黙れwww

これ、最終回で良くない?という綺麗な話のまとめ方でした。


まず、数話ぶりの冒頭ナレが凄い効いてる。

やよゐ・加奈子が存在に必要なエネルギーを
あらしさんに還すことで、あらしさん復活。
引き換えに消失しそうになるやよゐ・加奈子を
(ここでやよゐが「八坂くん」じゃなくて
「一ちゃん」と呼ぶのがまた効いてる)
あらしさんが一ちゃんと、カヤさんが潤くんと
「通じる」ことで、この世に繋ぎ止める。

どうやら、「跳ぶ」チカラと「存在する」チカラは
同じものらしく、
やよゐ・加奈子は「通じる」相手を探し出しさえすれば
存在し続けることが出来るようで、
相手を探すことが新たな生きる目的となる。

当然のように方舟のウェイトレスとなり(笑)
定番のドタバタ。
加奈子を弄るグラサンとか、
あらしさんとカヤさんに憧れ全開のやよゐとか
テキトーに面白がるマスターとかw

そんな方舟に現れたヤマシロ・タケシ。
あらしさんを知ってる風の彼は、
「10年前にあらしさんに助けられた男の子」だった。
あー、そうか。
出会う順番によって、こういうことが起こり得るんだな。
それを受けて、10年前に彼を助けに行く
あらしさんと一ちゃん。

そう。
あらしさんと、一ちゃんと、人助けと、方舟との夏は
これからも続いていくんだ。

…という雰囲気を匂わせる中での
戦中派女子4人の会話
「男の子はひと夏で成長するものなのかもね」




すごく美しい最終回だと思うんだけど(笑)
どうやら来週もある模様。

さて、どうやって終わらせるのかなー。
戦中派
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]