忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[391]  [387]  [361]  [360]  [359]  [386]  [384]  [354]  [353]  [330]  [329
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第23話「イグナシスの欠片」

けいら砲命中で汚染獣真っ二つ。
心音が2つ、って、2体に分離ってことかw
厄介w
…ところで、グレンダンはこの汚染獣に関しては
ノーリアクションなのね。
学園都市だけに害をもたらすもの、ってワケでもないだろうに。
むしろ、大人のき器で学園都市を助けてやれよ、と思う。
王女の呟きから察するに、
この汚染獣に関してはスペシャルでイレギュラーな存在みたいだけどさ。

ニーナから廃貴族を引き離す。
都市最優先。
当たり前ですね。
そこは「人の成長を喜ぶ」べきだと思いますよ、カリアンさん。

シャーニッドとダルシェナのやり取り、要る?(笑

「何も知らな過ぎた」リーリンが
レイフォンへの届け物という使命を貫こうとしたのは
ドラマとしてはいいと思う。
ゴルネオを探すなど、手段を選ばないところもいい。

ニーナの中で廃貴族の意識が強くなったのはわかる。
で、仮面をつけることでそれを匂わせたのもわかる。
でも、全っ然強くなってない上に
仮面外されただけでアッサリ意識が均衡した状態に戻ったのは
軽過ぎるだろw

グレンダンを出てからの自分はデルクへの贖罪の日々だったことを
吐露するレイフォン。
…うーん、ニーナを前にしての吐露は悪くないと思うけど、
先週「ボクがそうしたかったからだ」って割り切ったにも関わらず
ここでまた理由を他に求めるのはなぁ。

強くなりたい思い、レイフォンを巻き込んだことへの侘びを口にするニーナ。
えー、今になって詫び?(爆
精神的に参っちゃってる描写の一環なんだろうけどさー。
お前、何を今更って話じゃんよ。

懺悔しあい、それを受け止めて、認めて、その上で前を向こうとする
レイフォンとニーナ…という図はわかるんだけど、
これまでもさんざ指摘してる通り、まったく説得力がないよねー。

懺悔しあってる様子を聞いてたフェリの「…バカ」は非常に良いね。


今週の謎。
・「レギオス」って、何を指してる言葉なの?
放映当初はカリアンが治める学園都市を指してるんだと思ってたけど、
ほどなくそれは「ツェルニ」と呼称されていることがわかった。
じゃあ「レギオス」は?
レイフォンたちが存在する「この世界」のことかしら?

・「あの世界」って何?
平行世界みたいなのがある、ってことかしら?
全編英語で描写されてた世界のことだとは思うんだけど、
「この世界」との関連性がわからないよねー。

・狼面衆の立場と目的
「この世界」と「あの世界」の間に
どうにかして接点を設けようとしてる感は伺えるけど…。
こいつらはデカい組織の駒に過ぎないだろうしなぁ。

・ディクセリオの立場と目的
一応は彼が「この世界」のためにいちばん正しい行動をしてる、
というようには見えるのだが。
まさか1人でそれやってる、ってワケじゃないだろうしねぇ。

・アルシェイラの目的
大雑把には
「「この世界」をどうにかするための力を
レイフォンに可能性を見出している」
感じがするんだけど、
どうにかする、ってのに具体性が見えないし、
リーリン(の中のサラ)に見ているものも
まったく描写が無いのでわからない。



わからないことばっかりだよなー。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]