忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第29話「アバレ七変化で新合体」
 
アイムのお当番回。
何このイメージDVD(笑)
 
ワルズ・ギル風邪て(笑)
まぁ、でも、星独特の環境により
体調に影響が出ることはありそうだよな。
 
ダイヤールは、もっと上手く振る舞えばかなり手強いハズなのになぁ。
勿体無い。
しかし、「幸せエナジー」を集めるって、
全然掘り下げなかったけどけっこうブラックな能力じゃね?
 
 
アイム四変化。
 
ウェデキングドレス、
女子高生(セーラー服&三つ編み+自転車)、
ナース、
婦警(って呼称は今は使われてないんだっけ?)。
 
ガイが写メってたのには笑った(笑)
 
 
アバレピンクだせぇwwwww
アバレンジャーってピンク居ないのねー。
ところで、今週のアバレブルーって、
これまで登場したレジェンドたちの中で
もっとも重みのない関わり方な気がする(笑)
 
 
ロボの合体とかwww
超合金どうすんだよ展開ばっかりだな、ゴーカイジャーはw
PR
○特集「テニミュ」
 
…テニミュに限らず、漫画原作の舞台って確かにけっこうあるなぁ。
そんな中でも、長いことやってるテニミュは凄いよね。
 
主要キャスト3人の話、プロデューサーの話は良かった。
 
部活、青春、無地のキャンバス、卒業、完成しないこと、
成長を見守る場、キャリアのスタート。
 
今回の特集、なかなか楽しめました。
 
 

○MAGねったー
スケジュールがたまたま合わなかったのか?
ついにあずまんが来なくなったぞ(笑)
代わりは岡田有花で、
特集のテーマだったテニミュについてしゃべってたけど、
初見だったことは考慮するにしても、
まぁ言葉がペラかったなぁ…。
ぶっちゃけ、このコーナー、駄目でしょ…。
 
 
 
○MAGステ
やはり東方(上海アリス)凄いのね。
公平先生も出てた(笑)
 
赤松健×畑健二郎。
内容は、まぁ、サラッとした感じ。
そして畑先生、ホントにしゃべってなかったなぁ(笑)
第29話「ハラハラ! メイジャーランドで大冒険ニャ♪」
 
フェアリートーンを助けるため、
メイジャーランドへと赴くプリキュアとハミィ…って、
全員で行っちゃまずくないか?
トリオ・ザ・マイナーがやり放題になるだろ…と思ったら
バスドラが「追いかけて倒す」とかのたまっている(笑)
違うじゃん(笑)
この隙に音符集めまくるべきじゃん(笑)
 
メフィストはメフィストで、
意気込むバスドラに
「その必要はない」って言うだけで
プリキュア不在の間の指示が無いし(苦笑
 
 
クレッシェンド・トーンはすべての音の源で、
フェアリートーンもクレッシェンド・トーンから生まれた。
クレッシェンド・トーンが宿るヒーリングチェストは
現在魔響の森に封印されている。
アフロディーテ「取って来て欲しい」
 
これまで幾多の勇者が取りに行っては戻って来なかったという場所に
「これもプリキュアに与えられた試練なのかも知れない」と
アッサリ送り出すアフロディーテ…。
意味わからん。
何でプリキュアに試練が与えられねばならないのか。
 
 
一応、凄い強大な敵を前に、
しかもプリキュアの3人は別々の空間に飛ばされ
最大の武器である(心理的、武器的)共鳴も使えずに大ピンチ。
しかし、3人の強い意志が空間を超えて繋がり、
強大な敵を何とか倒したのだった…。
という流れなんだけど、
作画も音響も全然重厚感が無くてペラッペラ。
魔響の森の主?もモアイ姿という(笑)
 
過去最大級の敵とやりあってるハズなのに、
まったく緊迫感が感じられなかった…。
 
 
入手したヒーリングチェストは
響がアフロディーテから託されたのだけど、
ここでのアフロディーテが何故か上から目線でものを言ってるし、
もう何が何やら。
 
 
 
普通の回ならともかく(いや、それもイヤだけどさ)
この、盛り上がらなければいけない回で
まったく盛り上がれなかった、ってのは、かなり……。
第28話「翼は永遠に」
 
かつてマーベラスを倒したことがあるキアイドー。
初めて恐怖を覚えた相手に怯むマーベラス。
 
大いなる力を得るため、
ジェットマンを探し始めたところに現れ、
妨害をする男、結城凱。
 
仲間を巻き込みたくないがために、
死してなお戦う結城凱の姿に、
マーベラスが自分の中の弱さに打ち克つ…という話。
 
 
結城凱がとにかくキザだったなぁ。
ジェットマン本放送の時もこんなキャラだったの?
EDのサックスは爆笑でしょ(笑)
 
かつてマーベラスを倒したことがあるキアイドーとの因縁。
初めて覚えた恐怖を乗り越えるマーベラス。
…これについては、ちょっとサラッとし過ぎてたなぁ。
途中、ジョーとルカがマーベラスの様子に気付いたりしてるのに、
現在の仲間との絡みやらがないままに
割合サクッと乗り越えてしまった印象になってしまった。
勿体無い。
2週使って、じっくりやれば良かったのに。
 
結城凱が登場せず、
マーベラスが独りで乗り越えるのであれば
また印象は違ったと思うけど…。
 
 
 
ところで、何でガイには結城凱が見えなかったんだろう?
第28話「ドキドキ! エレン初めての学校生活ニャ!」
 
夏休みも終わり、学校が再開するにあたり、
エレンも学校に通うことに。
その初登校は---。
 
エレンにまつわるアレコレは、
エレンがセイレーンからエレンになるプロセスのお陰だよなー。
それが無かったらと思うと……。
 
とりま、クラスメイトがいい連中で良かったね、エレン。
 
 

作画乱れ(特に奏とハミィ)、
テンポの悪さ(エレンのメモに対する奏のツッコミ、他全般)、
他にシリーズ全体に関わる部分の謎が気になったなぁ。
…良くない意味で。
 
 
・学校に身元不明の人間?を送り込める音吉さん何者?
・響と奏には音符が見えないのに、
 相変わらず虫取り網持たせて連れ回してるハミィ…。
・音符を奪われたという重大なことを
 ハミィとプリキュアに黙っているフェアリートーン…。
・トリオ・ザ・マイナーは、
 音符を見つけると何故にネガトーンにしてしまうのか。
 フェアリートーンから奪った音符をそのまま保管してるということは
 別にネガトーンにしなきゃいけない理由はないよね?
 ネガトーン化させる度に一時的に人々を苦しめてるけど、
 そんなの、大事の前の小事じゃない?
 
 
クレッシェンドトーンと声の謎は次回以降はよしとして、
そろそろミューズの話もしないかい?
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]