忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第31話「衝撃!!秘密作戦」
 
冒頭からナビィに噴いたwww
気が狂れたのかとwww
 
 
バスコに次々と大いなる力が奪われる中、
オーレッドとオーピンクが
それらを取り戻し、
且つゴーカイジャーに自身の大いなる力を託すための作戦を決行、
それを受けてゴーカイジャーは…という内容。
 
オーピンクの振る舞いに何かあると感づいた上に
彼らの作戦を突っぱねて
「海賊だから自分たちの手で奪う」というゴーカイジャーは
らしくて良かったですな。
 
バスコが全部お見通しで作戦の上を行ったのも流石。
更に、変身して凄みを見せつけるところまで
「憎らしいほど強い敵」として十分な立ち振る舞い。
 
 
次回、もしかしたら次々回までかけて、
ゴーカイジャーそれぞれがパワーアップする感じかな。
 
 
 
ロボット戦と通常の戦いが同時に行われたのは面白かったな。
ルカ「大人しく戦え」とか、無理言うな(笑)
PR
メモは取ってないので、抜けがいろいろあると思います。
 
----------
 
11年目。
 
WP3を優先するために、ターンオーバーを導入。
結果、WP3は獲れたものの、J1では4位に終わり、
優勝したのに来季のWPに参加出来ないという事態に(笑)
 
これで何かがプツンと切れてしまった感じがして、
「12年目は獲れるタイトル全部獲って甲府を出よう」と決意。
 
 
12年目。
 
ひたすらコンディションに注意した1年。
悲願の(笑)トライアルカップを含め、
11月末までは勝って勝って勝ちまくるも、
NYCが準決勝敗退(笑)
 
し、締まらねえ…(笑)
 
 
これで甲府ともお別れだなー、と
年末の作業を進めながら少し浸ってたら、
まさかの解雇通告を受ける。
 
え?
何、どういうこと?
 
解雇条件が何だったかも思い出せない(笑)
 
 
どのみち出ていくつもりだったとはいえ、
得られるはずの経験が入ってこないのは惜しいよなぁ。
 
 
-----
 
 
箇条書き。
 
・しかしまぁ、例えば上のカテゴリーのタイトル獲っても
 ショボい公約を達成出来なければ解雇ってのは
 いかにもゲームだよね(笑)
第31話「ワンツー! プリキュアキャンプでパワーアップニャ!」
 
「クレッシェンド・トーンの正しい使い方」ってのは
当のクレッシェンド・トーンに指摘されるまでもなく
自分たちで考えるもんだよなぁ。
で、「使い方のため」に特訓ってのは違うよね。
「使いこなすため」のもんでしょ。
ハミィの言ってることはおかしい。
力の有無じゃないでしょ、使い方の方向性ってのは。
 
特訓シーンは、各々のらしさが出ていて、まずまず良かったかな。
 
うーん…と思ったのは、
「3人で」という悟りを開いたのが響だけで、
それを奏とエレンに伝えることで二人も気付いたということ。
クレッシェンド・トーンの声が聞こえた時もそうだったんだけど、
エレンはともかくとして、
響と奏の間に、このテの差異が描かれるのはどうなんだろう。
俺は第1話から、この作品はダブル・ヒロインだと思ってたんだけど、
これでは、響だけだよね、ヒロイン。
今回の特訓でパワーアップしたという表現が「ハモり」だったので、
「主旋律が響である」という見方も出来なくはないけど、
もしそうであるなら、
響が主旋律になるキッカケをきちんと描くか、
最初から奏と同等にしておかないかじゃないと、
弱いなぁ…と。
 
 
トリオ・ザ・マイナーが大食いしてるだけで
何かネガトーンまでパワーアップしてるのは苦しいよなぁ(苦笑
第30話「友の魂だけでも」
 
ザンギャックの科学者であり、
バリゾークの製作者でもあるザイエンが
新たな「素体」を探す場面に遭遇したジョー、アイムと大原丈。
 
改造されたシド先輩を救いたいと願うジョーの気持ちと、
今なお、救えなかった仲間のために戦い続ける大原丈。
…熱いなぁ、おい。
 
 
「魂だけでも救う」か。
これで、次にバリゾークと相対した時に、
ジョーは迷いなく剣を振るうことが出来るかも知れないね。
 
 
大原丈の静かな熱がカッコイイ回だった。
第30話「ワオーン! ヒーリングチェストの不思議ニャ!」
 
ギャグ回兼音吉さんの真相の入口回という感じか。
 
崩し絵多用してたのはギャグ回だからなんだろうけど、
崩してない絵がかなり落ちていたので、
楽しめるような落差にならなかった。
 
笛で登場するニシジマさんは笑ったけど、
席を借りてることに触れる部分含め、
あの励ましているエピソード、
全般響かなかったなぁ…。
(励ましているのが重要なのはわかったけど…)
 
フェアリートーン「お腹空いた」て…。
今までそんなこと口にした試しが無かったじゃん。
完全にヒーリングチェストによる後付け…。
 
相変わらずの「もうすぐ…」バンク。
 
 
 
実況TLがこぞって絶賛してたけど、
俺には全っ然合わなかったわー。
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]