忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第40話「未来は過去に」
 
タイムイエローからのビデオレターを受け、
過去に飛んで寝隠神社を守る、という話…なんだけど、
今週はこれまででいちばんぼんやりした印象。
 
まず、神社に居た少年のエピソードが薄かった。
転校を繰り返すせいで友達が出来ない、という少年を
ガイが自身の体験談を語りながら諭すんだけど、
これ、今回の話の本筋に何も絡んでないんだよね。
勿体ないというか、別に要らなかったでしょというか。
 
次に、飛んだ過去で、他の戦隊が戦っていた敵の一部を、
ゴーカイジャーが引き受けてしまったことに起因する、
女幹部らしき敵がゴーカイジャーを観ている点。
これ、どう考えても現在に影響すると思うんだけど、
過去から戻ってきたあとにそういった描写は皆無だった。
 
更に、タイムイエローが、
神社を守った証拠としてゴーカイジャーが送ってきた写真を見て
涙していること。
一緒に映ってる少年とその母親が血縁ってことなのかなぁ…。
これは、タイムレンジャーを観ていた人にはわかるのだろうか。
 
 
これらの点が理解出来なくて、印象がぼんやりとしてしまった。
PR
すべてをメモってるわけではないので、
抜けがいろいろあると思います。
 
----------
 
20シーズン。
 
1月の段階で羽田憲司を獲得して早々に公約達成。
ボランチとCBのバックアップとして頑張ってもらおう。
 
FW:ネスピージが「世界屈指」ながらも23歳の今季で
最盛期を迎えていた上に、
鍛え方がマズかったようでグラフが全然伸びてないので、
思い切って放出。
 
 
この放出が出来たのも、
ケネディ(CFW/24歳/オーストラリア)
…がリストアップされたからに他ならないのです。
 
当面はJとACCということ、
ネスピージの昨季の成績を考えれば、
後釜としては十二分と言えるでしょう。
 
更に、CBの後継者候補として
CDF:大久保裕樹(19歳)を獲得。
現時点では能力もコメントも低いけど、
一定レベルまでなら育てられると見込んで。

 
チームは、スーパーカップを勝利してシーズンインすると、
9月1週目前半の、ナビスコ1回戦1st Leg・横浜M戦まで全勝、
(ちなみにこの試合は代表でスタメン4人抜かれた)
翌週のリーグ戦で首位の甲府に敗れるまで無敗だったんだけど、
代表抜けやら何やらで大失速。
 
終わってみれば、
リーグは11pts.差を付けられての3位(11引き分け…) 
ナビスコとACCは1回戦敗退、NYCはベスト16に終わってしまうのでした。
 
 
がっかり。
 
 
アドリアーノが「エース」「大黒柱」に、
羽生が「チャンスメーカー」「チームの心臓」に、
藤ヶ谷が「守備の要」に、
それぞれなりました。
すべてをメモってるわけではないので、
抜けがいろいろあると思います。
 
----------
 
6月から12月までがランデヴーとなり、1月から、
19シーズン。
 

前年J1で16位のG大阪に就任。
所属選手からアドリアーノ、山口智、中澤聡太、
明神智和、藤ヶ谷陽介ら8人を残す。
 
ユース全員を即・昇格。
GK:冨田真吾、CB:西脇拓、OMF:二川孝広、
OMF:橘彰斗、CFW:古坂崇。
 
古坂が☆2つの有望株だし、フタも居るじゃないか。
 
続いて、前所属から移籍を希望してくれた選手から
ブリーギ、榊原、ネピスージを順に獲得。
(他に、ジャマとミッシローリもリストアップされてた)
 
布陣は3-5-2TV。
 
コーチとスカウトは共に0円(箕輪、日高)を登用。
 
 
4月にコーチを伊藤翔太へ変更。
3-5-2をモノにしていく構えに。
 
選手の補強は羽生直剛(20歳)のみに留める。
いきなりそんなにはお金ないしね。
 
選手の数が少ないので、怪我対策にリラクゼーションルームを設置。
 
 
 
 
これで、リーグは勝ち点4差の2位、
ナビスコとNYCは優勝してしまったよ…。
 
アドリアーノが点獲りまくりだった。
 
 
公約の「25歳以下の有力選手獲得」はブリーギで達成してるし、
かなり良い船出だったように思う。
 
 
 
来季から秘書を片瀬那奈に
(未だに日々野真理との二択状態)
 
公約は羽田憲司を獲得、解任条件はコアサポーター100人減少。
第39話「フギャー! 音符がぜーんぶ消えちゃったニャ!」
 
朝、目が覚めたら集めた音符が無くなっていた。
響「諦めずにまた探そう」というポジティブシンキング。
効率よく集めるため、
トリオ・ザ・マイナー側にも集めやすくなるリスクを冒して
音吉さんにオルガン弾いてもらう。
案の定鉢合わせるも、バトルに勝利して音符収集。
 
 
えーと。
音符が無くなっていたことの原因究明はしないのかな?
最終的には音符全部集めるのが目的なわけで、
これでは何ら解決になってないよね。
 
そして。
 
案の定、今回手に入れた音符はまたもや無くなるのだった。
 
 
 
ハミィ、フェアリートーンとプリキュアたち、
プリキュアたちとバスドラたちの大きさの比率もおかしいし、
そもそも作画低調だし、
地形を利用した戦いも作戦と呼べるようなものではないし、
ハミィは相変わらずイラつくし…(←
 
 
フェアリートーンの防災頭巾は可愛かった(笑)
第39話「どうして?俺たち高校生」
 
メガレンジャーの大いなる力を求めて
高校生を経験することになるゴーカイジャー。
 
 
バスケ部もデジタル研究会も夢で瞳キラキラだなぁ。
恋する女の子もキラキラだ。
マーベラスとルカが顕著だけど、
ゴーカイジャーの面々はこういうの好きだよね。
自分たちがそうだし。
 
バスカが学園内に仕掛けた爆弾を探し出すのに、
高校生たちが協力してたのもいいな。
流石、メガレンジャーが通っていた高校だね。
 
さわやかな回だった。
 
 
 
ワルズ・ギルを倒したことで
ゴーカイジャーにかかる賞金が上がってたね。
 
これ、バスコ以外の第三勢力みたいなのを呼び寄せるのかしら。
 
ワルズ亡き後、インサーンらがどう動くのかも
注目ポイントだよね。
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]