忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[314]  [345]  [344]  [313]  [312]  [343]  [368]  [363]  [309]  [337]  [334
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第9話「名前」

アインが、果たして本当にサイスを求めているのかわからない。
ツヴァイの負担になりたくないだけなんじゃないか、とも思えるのよね。
…と重いつつ見てたんだけど、
サブタイが示すように「アイン」という名前に自分を見出している…というのが
本当のところみたいだな。
名前と、その名前に与えられる役割とが彼女のすべて。
訓練時のツヴァイに対して
「そうすることが生き延びる術よ」というようなことを
言っていたけど、
この段階では、術ではなくて理由になっちゃってるよね。
これは、どのタイミングで変わっていったんだろう…。
東玲二が死んでツヴァイが誕生、訓練を施していた頃なのか、
あるいはツヴァイが東玲二を取り戻してからなのか…。
ツヴァイになりたての玲二の問いに対して
常に一拍置いてから返答してたことが
どちらなのかの判断を迷わせるなぁ。

梧桐はインフェルノを甘く見てるよね(笑)
志賀の忠告を待つまでもなく、呑まれるのは梧桐組の方だわな。

ツヴァイに絡んだチンピラ、
リズィにもボコられるとか可哀相過ぎる(笑)

ツヴァイの意思は決まってるね。
アインにエレンという新たな名前と役目も与えたし。

マッケェネン女史が、
ツヴァイがサイスに付く可能性を見ていたのは意外だったな。
貴女、自分の落とし方に自信持ってたでしょ。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]