忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[348]  [381]  [370]  [314]  [345]  [344]  [313]  [312]  [343]  [368]  [363
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第9話「HERO(ヒーローになる時、それは今)」

鯖の刺身…って、マスター、またかよw
カヤ「半年はサバを読み過ぎですよ:……別に上手くないぞ?

あ、グラサンの雇い主だ。

カウンターのキズをきっかけにした
「歴史が変わったら、変わる前の歴史はどこに行ったのか」の話。
…うん。
一ちゃん、科学っ子で、男の子で、
男性じゃなくて「男の子」だわな。
間違った使い方とか、全否定とか、
あらしさんやらマスターの方がやはり年長者だわねぇ。
…ま、これはしょうがないよね。
あらしさんは善悪を感覚で理解…と言うか、
その判断を感性に従ってる…と言うか。

Cパートの加奈子とやよゐって、本編でも生きだったのかw
これはちょっとビックリw

1985年、つくば万博の年。
村田英雄が村田三吉の息子ってのはシビれたなー!
(作中での)善悪が判別されないままのこの展開は
勿論村田三吉と英雄の命と言う意味でも重いし、
それ以上にあらしさんのしてきたことという部分で、重い。

眼鏡に夕陽で窺えない(瞳の)表情。
あらしさんの背中に回せない手。
…この作品ではことあるごとに描写されるけど、
ほんと、一ちゃんは男の子だな。

加奈子強襲時のバックが「氷の世界」www
やー、バックに流れる曲のセンス、いつもいいけど
これはズバ抜けていいね!

幽体だから跳ぶと存在が不安定になる…という話だけど、
幽体だからこそ跳べるんだよな?
この「だからこそ」の部分に意義を見出すかどうかじゃないか?とか。

!?
ボウガン!?
物騒だなおい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]