忍者ブログ
本日記で納めるには長かったり硬かったりする文章の置き場所。
[293]  [331]  [358]  [347]  [335]  [328]  [292]  [291]  [327]  [356]  [342
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第6話「恋におちて」

60年分の想いやら
巻き込まれた女の子やら
ギリギリに現れる正義の味方やらの話。

潤くん(あえて「くん」と呼ぼうw)の女性観で
プロローグとエピローグをまとめながら
カヤの想いや、歴史を変えることに対する考え方、
戦時中を生きていたという現実を綴り、
死の匂いが漂うところで
互いの、剥き出しの感情がぶつかり合う。

それは、いがみ合いなんかになったりはしなくて。
追い込まれてる状況だからこそ、
まっすぐ相手の胸に届いて。

不器用な「ありがとう」と、
絶体絶命の状況を振り返る潤くんのモノローグが素敵。

あらしさん&ハジメちゃんも熱いぜ!


EDもイレギュラーで「ひと夏の経験」!
これはセンスがイイ!


そっかぁ。
箱舟のマスター(とカヤさん)、そうだったのね(笑)

いや、すごくいい回でした。
たぶん、この作品でいちばんいい回だよ、これ。

5話までを見てきて、
(勿論いい意味で)こんなもの見せられるとは想わなかった!


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事のトラックバックURL:
カテゴリー
アバウト
管理人:和泉彼方

まずははじめにを御一読下さい。
記事を読んで私に興味を持たれた方は
個人サイト萌え尽きて。へどうぞ。

mixiとネギま!SNSにも
同じ名前で登録しております。


最新コメント
[12/07 和泉彼方@管理人]
[12/06 MERIL]
[03/31 和泉彼方]
[03/31 和泉彼方]
[03/30 いすか]
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ ☆[PR]